ママモデル・宮平亜矢子×フォトグラファー対談「すっきりキレイに見せる、写真うつりのコツ」 | ベルタカフェ

ママモデル・宮平亜矢子×フォトグラファー対談「すっきりキレイに見せる、写真うつりのコツ」

ママモデル・宮平亜矢子×フォトグラファー対談「すっきりキレイに見せる、写真うつりのコツ」

スマホで気軽に写真を撮ってSNSでシェアする機会が多いいま、せっかくなら、できるだけキレイに写りたいですよね。

 

今回は、ママモデルの宮平亜矢子さんと、沖縄を拠点に活躍しているフォトグラファーのプランディさんの対談形式で「すっきりキレイに見せる写真うつりのコツ」を教えていただきました。

すっきりキレイに見せる写真うつりのコツ

 

3つのコツで写真写りをきれいに

宮平:キレイに写真に写るコツ、私も気になっているのでお話をお伺いできて嬉しいです。今日は、実際に記事用の写真も撮っていただきながらということで、とても楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

 

プランディ:以前から亜矢子さんにモデルをお願いしたいと思っていたので、撮影と対談の機会をいただけて嬉しく思っています。では、始めましょう!

 

宮平:キレイに写真に写るコツですが、見せ方という部分で大きく3つ(姿勢、表情、脚)にわけて考えてみました。それぞれについてお話させてください。

 

 

1.姿勢

宮平:日常、スマホで写真を撮る場合だと「バストアップ(上半身)」の写真が多いと思うので、姿勢はとても大切だと思います。私は、肩甲骨を寄せるようにして背すじをしっかり伸ばし、あごを少しだけ引いて首が長く見せるように心がけています。また、肩を後ろに引くことで二の腕を細く見せる工夫もしています。フォトグラファー目線ではどんなコツがありますか。

 

プランディ:そうですね。カメラに対する「角度」を意識すると、よりキレイに見えると思います。コツは2つあります。

カメラに対する「角度」を意識

コツ1.カメラに対して「斜め」に体を向ける

レンズを向けると真正面の位置に立つ人がいますが、それだと、どのパーツも「一番大きい面積」で写ってしまいます。カメラに対して斜めに向かって撮られるようにすると細く見えますよ。左右どちらかに10~30度斜めにするイメージで試してみてください。

 

コツ2.軽くあごを引いて、小顔に見せる

宮平さんが実践している「軽くあごを引く」は大事なポイントです。写真の特性として、レンズに近いほうが大きく写るので、普通に顔を向けると、あごが大きくなり太っている印象を与えやすくなるんです。

 

あごを引けば、小顔効果も狙えますよ。顔のラインや二の腕は、髪型や服装でもカバーできるのでそこを工夫してみるのも良いですね。

 

 

2.表情

宮平:次に、こちらも大切な「表情」のお話を。私が撮影の時に意識しているのは、口角をしっかり上げ、いろいろな表情をすることです。写真に慣れてくると、ついつい「決め顔」をしたくなるのですが、表情が固まってしまうと不自然になって見えることがあるので、ナチュラルな雰囲気になるよう工夫しています。

 

プランディ:自然な笑顔が一番ですが、笑顔が苦手という方もいますよね。そういう場合は、無理に笑おうとせずにほんの少しだけ口角を挙げてみると良いと思います。大笑いしたような写真もシーンによっては微笑ましいですが、顔が丸くなり太って見えるので、スッキリ見せたい場合にはおすすめできません。

 

 

3.脚

宮平:全身のカットを撮る時は、脚がすべて写るので緊張感がありますね。膝をのばす、片方の足を後ろに引く、ヒールなどをはいて脚の筋肉を緊張させるといったことが効果的だと感じています。プランディさんはどう思われますか。

 

プランディ:脚はポージング次第で見え方が大きく変わるパーツです。モデルさんが実践している美脚テクニックは、片方の脚をつま先からまっすぐ斜め前方向へ伸ばし、後ろにあるもう片方の脚に重心を乗せることです。遠近法で前に出した脚が細く長く見えますよ。

脚はポージング次第で見え方が大きく変わるパーツ

宮平:どれも、知っていると知らないとでは差がつくコツばかりですね!

 

プランディ:日常的にスマホなどで写真を撮る場合、撮影者にスキルがないことも多いので、姿勢や表情など、自分でできる「見せ方」の工夫をして写真うつりを良くする努力をすることが大切です。モデルや女優気分で練習して、とにかくたくさん撮られる機会をつくると良いと思います。

 

宮平:イメージは大切ですね。プランディさんのアドバイスはとても的確で目指す方向がクリアなので、今回の撮影もとてもスムーズでした。楽しみながら自信をもって撮られることが、キレイな写真への近道なのかもしれませんね。今日はありがとうございました。
今日はありがとうございました。

 

最後に

モデルとフォトグラファーというプロのお2人により対談、いかがでしたか。コツを実践しつつ、最後は撮られることを楽しむ気持ちが大切なんですね。慣れるまでは、とにかくたくさん撮ってから選ぶというのも良さそうだなと感じました。皆さんもぜひ試してみてくださいね。

 

【撮影協力】

plan-d(プランディ):デザイナー兼フォトグラファー。モデル・タレント・役者等、女性ポートレート撮影がライフワーク。Esquire日本版デジタル写真賞‘03 マイクロソフト賞受賞。『プロカメラマンファイル 2017年・2016年・2015年』掲載。

音人 音楽女子 http://okinawaloveweb.jp/tag/cover-girls

Official site http://pndo.net/

 

宮平亜矢子

 

宮平亜矢子さん

2人のお子さんを持つママモデルの傍ら、プレシャスライフ・クリエイターとして も活動中。イベントの企画やプロデュース、フラワーデザインなどを手掛けている。→宮平さんFacebookページへ

 

 

 

 

ママモデル・宮平亜矢子さん×モデル・羽舞咲さん対談「ヘルシー美人のつくりかた」

ママモデル・宮平亜矢子さんに学ぶ「ヘルシーワンプレートごはん」レシピ

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素