過食したいのはどんなとき?過食の原因とケース別対処法 | ベルタカフェ

過食したいのはどんなとき?過食の原因とケース別対処法

happy young  woman eating  big hamburger

せっかくダイエットを続けていたのに、「今日だけは!」と食べた途端にリバウンド。どか食いや過食は、ダイエットの努力を水の泡にしてしまいますよね。

 

ついつい食べ過ぎてしまうのは、どのようなときでしょうか。人によって、過食に走るきっかけや対処法は異なります。そこで今回は、過食を防ぐケース別対処法をご紹介します。

 

 

「イライラするとつい食べてしまう!」場合

とても多いケースの1つに、ストレスによるどか食いがあります。食事制限を続けていて「こんなに我慢しているのに結果が出ない!」と諦めモードになってしまったり、会社や学校で嫌なことがあると食べることで解消しようとしたり……。

1

口に美味しい食べ物を含むと、安心したり幸せな気持ちになったりしますよね。ついつい食べることで気を紛らわそうとしてしまいがちですが、もちろん根本的なストレス解消にはなりませんし、食べてしまったというストレスからさらなる過食を招くことも。

 

そんな場合は、カラオケやひとり旅など、食べること以外のストレス解消法を見つけることがおすすめ。気分がスッキリし、前向きになれる環境に身をおくように心がけることで過食の必要がなくなります。

 

 

「ちょこちょこ食べで気づけば食べ過ぎ」の場合

仕事が忙しい人に多いのが、「食べ物を買いに行く時間がないかもしれないから」とデスクの中に「小腹が空いたとき用」の食料を保管しているケース。あることがわかっていると、ついつい手が伸びてしまいますよね。

2

ちょこちょこ食べは満足感を得にくく、何度も食べてしまったり、そのあとの食事をいつもと同じように食べてしまうことでカロリーオーバーを招きやすくなったりします。

 

そんな場合は、こまめに食べるものをおやつではなく「食事」に変えましょう。おにぎりや野菜の煮物、野菜たっぷりのお味噌汁など、満足感があり食事の代わりにもなるもので小腹を満たしましょう。そのぶん食事量を調節することで、カロリーをコントロールできます。

 

 

「お酒の席で食べすぎる!」場合

アルコールは食事による満足感のアンテナも鈍らせるため、たくさん飲むと「いくらでも食べられる~」と思ってしまいますよね。お酒の席の帰りにがっつりラーメンを食べる習慣がやめられない人は要注意。お酒にもカロリーがありますし、夜中の食べ過ぎは内臓機能や代謝の低下に繋がります。

3

まずはお酒の量を調節しましょう。飲み過ぎやお酒に飲まれて自分を見失った状態では、過食を止めることはできません。お酒の量を減らしてほろ酔い程度にとどめることで、健康的で太りにくい体質に整えましょう。

 

 

最後に

過食を招く「きっかけ」を知ることが、改善の第一歩。「とにかく、しないようにする!」では心構えをすることができず「気づいたらまたやっちゃった!」と後悔するばかりです。

 

きっかけを少なくすることで、過食の場面に出会わないようにすることができます。過食自体を止めることは難しくても、その一歩前の段階ならコントロールしやすいですよね。日頃の生活や気持ちを振り返り、調節のコツを掴みましょう。

 

 

 

海外セレブも夢中!話題のビーガン料理で、体の内側からキレイになれるダイエット

効率よくスリムを実現!ダイエットに効くスーパーフードまとめ10選

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ葉酸サプリ ベルタマザークリーム