朝食は「食べる」「食べない」!?リバウンドしないダイエットなら | ベルタカフェ

朝食は「食べる」「食べない」!?リバウンドしないダイエットなら

eyechach

ダイエット中は朝食を「食べる」の? それとも「食べない」の!?

 

その答えは、性格や体質によって違います。ライフスタイルによっても、食べられるものや量が変わりますよね。

 

重要なのは、自分に合ったダイエットを選ぶこと。そこで今回は、タイプ別の「ダイエット・朝ごはん」のコツをご紹介します。

 

 

ダイエット中の朝食。基本は「食べる」

体内を活動モードへと切り替え、内臓機能やエネルギーの代謝を促進するには、朝のタイミングでエネルギー源となる栄養素を摂取することが重要です。

1

エネルギーが不足すれば、体内が「飢餓状態」に。なるべくエネルギーを消費せずにため込もうとします。すると、少量の食事からでも最大限のエネルギー源を蓄積しようとするため、「少し食べただけですぐに太る」体質になってしまいます。

 

 

代謝を高めるためにも、溜め込んだ体脂肪を燃焼させるエネルギー源を摂取するためにも、朝食は「食べる」べき。食べて、燃やせる身体に整えましょう。

 

 

朝食の食べ方は人によって違う

朝から力が出ず、できれば食事よりも睡眠を……というタイプもあれば、朝からモリモリ食べられる! むしろ食べ過ぎで太りやすいことが気になる、という人も。

 

体質や性格が異なれば、同じダイエットでも適する方法は異なります。我慢を強いれば、リバウンドしやすくなるだけです。自分に合った、続けられる方法を選びましょう。

「ガッツリ食べたい」さんは…

  • 「朝から脂っこいものでもOK!」
  • 「食べないようにするほうがストレス!」

 

そんな場合は、代謝を高め、満足感を得やすい食事がぴったり。ゆっくりよく噛んで食べられるものがおすすめです。

2

積極的に食べたいものは、野菜発酵食品。主食はフランスパンや焼きおにぎりなどがおすすめです。ビタミン・ミネラルが豊富な野菜や、納豆などの発酵食品は腸内環境を整え代謝を高める効果が期待できます。

 

たくさん噛んでゆっくり食べることで、満腹中枢を刺激し、満足感を得やすく持続させやすくしましょう。

 

「食べるよりも寝ていたい」「お腹が空かない」さんは…

昨晩に食べすぎた、朝から力が出ない、そんな場合は、手軽に食べることができ素早くエネルギーになるものを。おすすめは「フルーツ」です。

Fruit set

バナナ1本、オレンジ1個、りんご1個など、手軽に食べられるものを日によって変えることをおすすめします。さまざまなビタミン・ミネラルを摂取することができ、消化に負担もかからないので、エネルギッシュで軽い身体に整えやすくなります。

 

エネルギー不足による集中力の低下や倦怠感を招きにくい、スッキリボディに整える効果が期待できます。

 

 

最後に

食べる気が起きない場合はフルーツでさっぱりエネルギー補給を。前日に食べ過ぎで食べられない場合は、お腹が空くまで食べないでOKです。

 

白米ごはんを食べるときは歯ごたえのあるおしんこをプラス、柔らかいパンを食べるときには生野菜サラダや硬めのチーズをプラスする、というふうに、よく噛んで食べられるよう工夫すると満足感を得やすくなります。

 

ぜひ、食べ方や食べるものを工夫して代謝の良い燃焼ボディに整えてください。

 

 

 

ママモデル・宮平亜矢子さんに学ぶ「ヘルシーワンプレートごはん」レシピ

痩せたいけど食べたい!食べる順番を変えるだけで簡単ダイエット【ファーストダイエット】

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら