ダイエットを効率よく!運動中に疲れたときのケア | ベルタカフェ

ダイエットを効率よく!運動中に疲れたときのケア

ダイエットを効率よく!運動中に疲れたときのケア

ボディラインを引き締めるためには、運動で筋肉を刺激し発達させることが重要ですが、「疲れてしまって続かない」「疲れるからやりたくなくなってしまう」という人もいるのではないでしょうか。

 

疲れたときに自分でケアができ、疲れにくい体質に整えることができるようになれば、運動効果もダイエット効果も高まります。

 

そこで今回は、運動による辛い疲労を防ぎ、ダイエット効果を高める3つのコツをご紹介します。

 

 

「全身を大きく動かすゆったりとした運動」に切り替える

運動習慣がほとんどなかった人や、筋力がない状態でいきなり大きな負荷がかかる運動をすれば、すぐに疲労を感じるのも当然です。

 

極端な疲労を感じる場合は、「その運動は今の身体に合っていない」可能性があります。筋力や体力がついてくれば続けることができる運動量が増えていきますから、最初から高い目標を設定しないことが大切。まずは全身の筋肉を刺激して体幹の筋肉を鍛えていきましょう。

「全身を大きく動かすゆったりとした運動」に切り替える

おすすめは、ラジオ体操。全身の筋肉を刺激することができます。運動のウォーミングアップにも最適。朝おこなうと、全身を目覚めさせて代謝を高め、生活で消費するカロリーを増やすことにもつながります。

 

 

こまめに休憩をとり、水分を補給する

意志が強く、やると決めたらとことん突き詰めたいという人に多いのが、「休憩」することを忘れて運動に没頭してしまうことです。身体を酷使して体力を消耗しすぎては、エネルギーを消費する力もなくなってしまいます。

 

また、水分不足は代謝の低下を招きます。汗をかきやすい運動をしているときほど、意識してこまめに水分を補給するようにしましょう。

こまめに休憩をとり、水分を補給する

運動は「すればするだけやせていく」ものではありません。続けることができてはじめて代謝アップやボディラインを引き締める筋肉の維持につながります。

 

 

「呼吸」を意識する

運動中に酸素が不足することも、疲れやすさの原因です。筋トレやストレッチなどでポーズを意識するとついつい呼吸を忘れてしまいますよね。そんな場合は「声を出す」ことがおすすめ。カウントをしたり、歌を歌ったりするのでもOK。息を吐き出すことを意識することで、自然と息を吸うことができるようになります。

「呼吸」を意識する

また、「腹式呼吸」をすることもおすすめです。腹式呼吸は、深い呼吸ができる上にウエストを絞る筋肉を鍛えることができる一石二鳥の呼吸法。息を吐くときにお腹が凹むように意識しましょう。

 

 

いたわることも、ダイエット!

疲れすぎないようにケアをすることや、続けることができるものを選択することなど、自分の身体を“いたわる”こともダイエットを効率よく成功へと導き、維持するコツです。ぜひ、運動中の種類や休憩のタイミング、水分補給、呼吸の仕方を見直して、“疲労を防ぐトレーニング”に整えてくださいね。

 

 

 

楽しく水分補給!デトックスウォーターのダイエット効果と作り方

夏のノースリーブに間に合う!二の腕を細くする方法【マッサージ&筋トレ】

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタプエラリア