これならできる!「味噌汁」で簡単ダイエット! | ベルタカフェ

これならできる!「味噌汁」で簡単ダイエット!

これならできる!「味噌汁」で簡単ダイエット!

「美しいボディラインになりたい! けれど、そもそも食事メニューを考えたり、時間をかけて料理をしたりすることが苦手!」

 

そんな場合は、「味噌汁」でダイエットを成功させてしまいましょう。今回は、味噌汁の具を工夫してダイエット効果を高めるコツをご紹介します。

 

 

味噌汁は美容ドリンク!

味噌汁は、女性にこそ毎日飲んでほしいメニューの一つ。具材を工夫することで野菜や海藻、きのこ類などのビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含む食材をたっぷりと食べることができます。

味噌汁は美容ドリンク!

また、味噌やだしからは、たんぱく質や大豆イソフラボン、必須アミノ酸などを摂取することが可能。スリムアップ・アンチエイジング効果が期待できる栄養素をたっぷり、温かい状態で食べることができます。

 

これからの暑い時期に気になることは、栄養不足と内臓冷え。ビタミン・ミネラル類の不足は代謝の低下を、食物繊維不足は腸内環境の悪化を、たんぱく質不足は筋肉や肌の老化を招きます。内臓が冷えれば代謝が下がり、太りやすく老けやすい体質に。温かく具沢山の味噌汁で、夏バテも老化も太りやすい体質も、まとめて予防・改善しましょう!

 

 

具沢山にすれば、おかずの代わりに!

味噌汁の嬉しいところは、具沢山にすることで満足度満点の「おかず」に変身するところ。

 

また、具材を切って、だしと味噌で煮るだけで完成するところです。料理をする時間があまりない人や、凝った調理が苦手な人にこそおすすめ。手軽に美味しくダイエットを成功させるのに役立ちます。

 

 

ズボラ女子必見!いちばん手軽な味噌汁の作り方

調理を最低限に抑えたい! そんな場合は、「だし入り味噌」を活用しましょう。だし入り味噌なら、3ステップで味噌汁が完成します。

ズボラ女子必見!いちばん手軽な味噌汁の作り方

だし入り味噌で作る、簡単・味噌汁の作り方

  1. 具材を切る(または、ちぎる)
  2. 鍋に水と具材を加えて煮立たせる
  3. 具材に火が通ったら、一旦火を止めて味噌を溶き入れ、沸騰しないように弱火にかける
    ※煮込みたくない具材がある場合は、このタイミングで入れましょう

 

 

ダイエット効果を高める具材の組み合わせ例3つ

なめこ&豆腐

たんぱく質と食物繊維を豊富に摂取できる味噌汁。おかずがボリューミーで、低カロリーに抑えたいときなどにおすすめです。また、肉や魚、卵、チーズなどのたんぱく源をあまり摂取していない日にも。

なめこ&豆腐

ほうれん草&えのき

料理をよくする人でないとなかなか食べられない食材の一つ、ほうれん草。ビタミンCやカロテン、鉄分、カルシウム、食物繊維などを摂取することができます。

さらに、えのきを加えることで、老化を防ぎ代謝を高める抗酸化成分と便秘の予防・改善に役立つ食物繊維を豊富に摂取することができます。

しじみ&乾燥キャベツ・わかめ

しじみに含まれるオルニチンやアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促して基礎代謝を高める効果が期待できます。また、カルニチンは脂肪の燃焼をサポート。味噌汁用の乾燥わかめや乾燥キャベツをたっぷり加えれば、満足度満点のダイエットメニューです。

 

 

最後に

たかが味噌汁?されど味噌汁。工夫次第で美と健康を内側からサポートしてくれます。味噌汁を栄養素の補給源にすることで、カロリー制限による栄養不足を防ぐことが可能。

 

手間なく確実にダイエットを成功させるために、ぜひ日々の食事に“ダイエット効果を高める味噌汁”をプラスしてください。

 

 

お米より太りにくい!スーパーフード「キヌア」の効能&栄養とおすすめレシピ2つ

ゆるゆる実践でもOK!「グルテンフリーダイエット」の効果と成功のコツ

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら