心も身体もデトックス!精進料理から学ぶ、スリムを叶える食べ方のコツ | ベルタカフェ

心も身体もデトックス!精進料理から学ぶ、スリムを叶える食べ方のコツ

心も身体もデトックス!精進料理から学ぶ、スリムを叶える食べ方のコツ

ダイエットを成功させたいと心から願っているのに、どうしても間食や食べ過ぎがやめられない……。

 

ダイエットは、食べ物の選び方や生活習慣の改善だけでなく、自分の心との戦いでもあります。「わかっているのに、やめられない!」そんな誘惑に打ち勝つためには、「精進料理」の心を取り入れることがおすすめ。

 

今回は、週末に取り組みたい、“粗食でリセット”ダイエットの方法をご紹介します。

 

 

「精進料理」を取り入れるダイエットとは

日本の伝統的な料理の一つ、「精進料理」。仏道修行に励むため、肉や魚、魚介類を使用しない植物性の食材を用い、必要最低限の栄養素を摂取するためにつくる料理のことです。

 

もちろん、仏道修行をするのでない限り、本物の精進料理を実践するわけではありません。その心と粗食メニューを日々の食生活に取り入れることで、余分な欲と摂取カロリーを“自分で”調節できるようになることが目的。

 

“動物性の食べ物を取り入れない日”をつくることで、食べ過ぎをリセットし、代謝を高めることが可能です。

 

 

週末を「精進日」に

肉や魚、卵、乳製品などの動物性の食材は、身体をつくって代謝を高める栄養素がたっぷり含まれているため、上手に取り入れていきたい食べ物です。一方で、必要以上に摂取すれば内臓に大きな負担をかけ、体脂肪として蓄えやすいという性質も。

週末を「精進日」に

ダイエット中でも食事を楽しみ、ストレスなくスリム体型を実現・維持するためには、動物性の食品を自由に食べる日とそうでない日を設けて、メリハリをつけることをおすすめします。

 

比較的食生活を調整しやすいのは、お休みの日ではないでしょうか。このチャンスを最大限に活用し、心も身体もデトックスする習慣を作りましょう。

 

「毎週土曜日は、植物性の食べ物だけを最低限の量食べる日」と決めて1日粗食にしたり、「土日の昼間は粗食にし、夕食だけは家族と楽しむ」などと時間を決めて実践したりすると続けやすいですよ。

 

 

“精進する日”に食べたい、おすすめ粗食メニュー

精進料理を本格的に作ることができたらとても良いと思いますが、時間や費用を考えるとそうもいかない、という場合も多いですよね。完璧にやろうと制限を厳しくすると続きませんし、ストレスで暴食を招いてしまいます。動物性の食品を少なくするだけでも内臓の疲労を回復して代謝を高めるのに役立ちます。

 

次のような方法で、今すぐ取り組めることから挑戦してみてください。

週末だけは「玄米」を炊く

よく噛んで食べることで満足感を高め、豊富な栄養素が代謝を高める玄米。週末には玄米を炊き、梅干しやおひたし、きのこと野菜の煮物などと合わせて質素な食事メニューにしましょう。

週末だけは「玄米」を炊く

エネルギー源を摂取した上で、余分な栄養素を取り過ぎないようにすることが可能。素材の美味しさを味わうことができ、濃い味つけに慣れてしまっている方にもおすすめです。

 

朝はフルーツ、お昼はさつまいも

とても手軽にできるデトックスは、果物や芋類を食べること。体内が排出モードになっている朝は、りんごやバナナなどのフルーツをよく噛んで食べましょう。

朝はフルーツ、お昼はさつまいも

お昼には、エネルギー源と食物繊維がたっぷりのさつまいもを蒸して何もつけずに食べます。便秘の改善にもおすすめです。

 

野菜たっぷりの味噌汁や、鍋料理

温かい汁物には、食事の満足感を高めて食べ過ぎを防ぐだけでなく、内臓を温めて活性化する効果も期待できます。肉や魚などは使わずに、野菜やきのこ、海藻類をたっぷりと使ったスープや鍋料理をつくっておきましょう。

野菜たっぷりの味噌汁や、鍋料理

一度にたくさん作っておけば、お腹がすく度に手軽に食べることができます。

 

 

最後に

「精進」とはいえ、自分を厳しく律し過ぎてストレスを溜め込まないように、楽しみながら取り入れましょう。そのためにも、日頃は動物性の食べ物を食べてOK。食生活を調節する手段の一つとして、ライフスタイルに合わせて取り入れてください。食生活を把握してコントロールすることが、理想の体型を実現・キープする秘訣です。

 

 

海外セレブも夢中!話題のビーガン料理で、体の内側からキレイになれるダイエット

豊富な栄養素でダイエット効率アップ!「ブロッコリースプラウト」でやせ体質を実現するコツ

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素