コレステロールはデブのもと!?ダイエットを成功させる食事のコツ | ベルタカフェ

コレステロールはデブのもと!?ダイエットを成功させる食事のコツ

コレステロールはデブのもと!?ダイエットを成功させる食事のコツ

美しい身体は、健康の土台の上に成り立つもの。メタボや脂質異常などと一緒に語られることが多い「コレステロール」ですが、健康的で代謝の良い身体づくりに不可欠です。

 

そこで今回は、コレステロールのはたらきと、ダイエットを成功させる食事のコツをご紹介します。

 

 

「コレステロール」とは?

「コレステロール」とは?

コレステロールは、人の身体に存在する“脂質”の一種。体内で生成され、不足分を食物からとり入れることで体内の量が調整されています。

 

コレステロール=悪者というふうに思われがちですが、コレステロールは細胞膜や代謝を促進するホルモン、胆汁酸を作生成する原料でもあり、健康的でやせやすい体質をつくるのに欠かせない物質の一つです。

 

 

知っておきたいコレステロールの種類

覚えておきたいコレステロールは、2種類。一つは生成されたコレステロールを全身に運ぶ役割を担う「LDLコレステロール」、そしてもう一つは余分なコレステロールを回収する役割を担う「HDLコレステロール」です。

 

前者は体内にコレステロールを溜め込んで動脈硬化などを招く原因となるため「悪玉コレステロール」、後者はそれを回収するため「善玉コレステロール」と呼ばれることもあります。

 

しかし、どちらも体内でコレステロールのバランスを整えるのに不可欠で、過剰な不足や余剰がなければ、ダイエットの強い味方です。

 

 

“コンディションを整える”食生活を

“コンディションを整える”食生活を

悪玉コレステロールが増えすぎると健康もスリムな体型も手に入らないのだから、脂質の摂取を防がなくては……!

 

と、焦らなくて大丈夫。食物から摂取するコレステロールを極端に減らせば、バランスを取ろうとその分体内での生成を増すだけです。

 

食事での摂取を極端に減らそうとするよりも、体内のはたらきを活性化する食生活を心がけることのほうが大切。体内で悪玉・善玉コレステロールが正常に機能すれば、減り過ぎたり、増え過ぎたりすることはありません。

 

 

代謝を高め、やせ体質へと整える食生活のコツ

体内のはたらきを活性化するために、次のような食べ物を積極的に取り入れましょう。その上で、肉や卵、乳製品など脂質の豊富な食べ物を取り入れれば、食べてはいけない食品はありません。

 

色とりどりの食材を適量にとどめて食べることが、健康体の秘訣。代謝を高めるビタミンやミネラル類を豊富に摂取することができるからです。

代謝を高め、やせ体質へと整える食生活のコツ

野菜、果物

野菜や果物には、ビタミン・ミネラルや食物繊維が豊富。内臓機能を活性化して代謝を高める効果が期待できます。

 

こんにゃく、海藻、きのこ類

食物繊維がたっぷりなこれらの食材は、余分なコレステロールを体外に排出するのをサポートします。

 

青魚

青魚に含まれるEPAやDHAには、増え過ぎたコレステロールを低下させるはたらきがあります。新鮮な魚を、刺身などで取り入れるのがおすすめ。調味料や油で余分な脂質を摂取するのを防ぐことができます。

 

植物性の良質な油

オリーブオイルやグレープシードオイルなどの植物性の油に含まれる不飽和脂肪酸には、善玉コレステロールを増やすはたらきがあります。脂質の摂取を制限して善玉コレステロールまで減らすのではなく、体内を活性化する脂質を積極的に摂取しましょう。

 

 

減らすよりもバランスをとる

ダイエットを成功させるためにとても大切なことは、体内でおこなわれる健康で引き締まったボディラインを維持するはたらきを活性化させること。そのためには、体内のはたらきを促進するエネルギー源や代謝を高める栄養素を不足させないことが重要です。

 

何かが極端に不足すれば、それを補うために別のものが増え過ぎたり、そこにばかりエネルギーを使用して代謝を低下させたりしてしまいます。食べ過ぎを防いで、必要な栄養素をバランスよく摂取することが、健康的でキレイな身体への第一歩です。

 

 

春本番、カラダのもたつきを解消!手軽にできて効果アップのウォーキングのコツ

【飲むダイエット!】代謝を上げる飲み物まとめ

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら