赤ちゃんの頭の形は治る?後遺症は残らない?気になる吸引分娩と赤ちゃんのようすについて | ベルタカフェ

赤ちゃんの頭の形は治る?後遺症は残らない?気になる吸引分娩と赤ちゃんのようすについて

赤ちゃんの頭の形は治る?後遺症は残らない?気になる吸引分娩と赤ちゃんのようすについて

誰が教えたわけでもないのに、自らの力で産まれてこようとする赤ちゃん。しかし、なんらかの事情で上手く出てこられない場合、「吸引分娩」がおこなわれることがあります。

 

器具で赤ちゃんの頭を引っ張るため、「頭の形がいびつになりそう」「障害が残ったりしないの?」など、心配に感じるママも少なくないようす。

 

そこで、吸引分娩についてまとめました。

 

 

吸引分娩とはどんな出産方法?

吸引分娩は、金属製やシリコン製のカップを赤ちゃんの頭に当て、吸引圧をかけて引っ張る出産方法です。会陰を切開して器具が入れられる程度に産道を広げたのち、吸引カップを赤ちゃんの頭へ装着し、ママのいきみに合わせて赤ちゃんを引き出します。

 

出産の途中でママや赤ちゃんの健康が脅かされる危険性があるときに、いくつかの条件の下で用いられる緊急措置です。

吸引分娩を用いられることが多いケース

  • ・微弱陣痛や、ママが疲労で十分にいきめないなど、お産が進まないとき
  • ・合併症などの問題でママがあまりいきめないとき
  • ・回旋異常などで赤ちゃんが下がってこないとき
  • ・赤ちゃんの心音が低下するなど、胎児仮死の危険性があるとき

 

吸引分娩をおこなえる条件

  • ・子宮口が全開か、それに近い状態まで開いている
  • ・赤ちゃんの頭が、吸引カップが届く位置まで下がってきている
  • ・赤ちゃんの頭がママの骨盤に対して大きすぎるなど、産道の通過が物理的に不都合な状態ではない
  • ・破水している
  • ・帝王切開に移行できる準備が整っている

 

吸引分娩でも出産に至らない場合は、鉗子分娩や帝王切開へ切り替えます。

 

 

赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃんは頭を吸引されるので、頭頂が少し伸びたようないびつな形になりますが、自然と治っていくので心配いりません。ほかにも、吸引分娩の影響で次のような症状がみられることがあります。

赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃんへの影響

  • ・分娩による損傷:頭皮が傷ついたり、剥がれたりすることがある
  • ・頭血種:骨膜の一部が剥がれて血液が溜まり、ぶよぶよしたコブ状になる
  • ・帽状腱膜下出血:骨膜と帽状腱膜のあいだに出血がおこる
  • ・産瘤:出産時の圧力によっておこるむくみが、通常の経膣分娩よりも大きくなりやすい
  • ・頭蓋内出血:頭蓋骨の内部で出血が起こる
  • ・黄疸:上記の症状に伴って出ることがある

 

赤ちゃんの頭の形がいびつだったり、コブができていたりしたら、心配になりますよね。でも、いずれも自然に治っていくことがほとんどなので、治療を要することも、後遺症などを心配する必要もありません。ただ、ぐったりとしていて元気がない、ミルクを飲まないなど、あきらかに様子がおかしいときは、すぐ主治医に相談しましょう。

 

また、吸引分娩は器具を挿入して赤ちゃんを引き出すため、ママの体にも、会陰や産道、膀胱の裂傷、出血などが起こることもあります。

 

 

吸引分娩は保険が適用される施術

吸引分娩で加算される料金は産院ごとに異なりますが、分娩途中に起きたトラブルで吸引分娩が必要になったときは保険が適用されます。このとき、吸引分娩の費用だけでなく、会陰切開や縫合も保険診療として扱われます。

吸引分娩は保険が適用される施術

ただ、予防のために吸引分娩をおこない、結果的に正常経膣分娩となった場合などは保険が適用されませんので、注意しましょう。

 

 

最後に

「妊娠期間は順調だった」「上の子は安産だった」という方であっても、何が起こるかわからないのがお産です。もし吸引分娩が必要になったとしても、いちばん大切なのはママも赤ちゃんも無事にお産を乗り越えること。頭の形や後遺症の心配はほとんどなので、医師の判断を信頼して委ねましょう。そのためにも、普段から気になることは質問するなど、医師との信頼関係をしっかり築いておきたいものですね。

 

 

【出産時の入院準備】忘れがちだけどあると便利なものまとめ

妊活・妊娠アプリ6選|妊活と妊娠を強力にサポートしてくれるアプリ

 

 

妊娠線クリームで、産後のケア準備も忘れずに

 

 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素