【日焼け対策グッズ】こだわるべきは色だった!最も効果のある色はこれ! | ベルタカフェ

【日焼け対策グッズ】こだわるべきは色だった!最も効果のある色はこれ!

GWも終わり、これから梅雨を経て日差しの強い夏がやってきます。皆さんは日焼け対策グッズの準備はもうお済みですか?

 

日焼け対策グッズと言えば、サングラスや帽子をはじめ、日傘・アームカバー・ネックカバー・ストールなど様々ですが、UVカット率以外にもグッズを選ぶときに知っておきたいことがあるんです。

それは、“色”。赤・青・黄・緑・白・黒など、それぞれの色によって光の吸収率・反射率が異なります。紫外線も光の一種なので、色によっても紫外線対策の効果が異なってくるということ。

 

白は紫外線を反射し、黒は紫外線を吸収する色だと聞いたことがある人は多いと思います。今回は、この「白」と「黒」の紫外線との関係性から、失敗しない日焼け対策グッズの選び方をご紹介します。

 

黒いサングラスにはUVカットが必須!

強い日差しから目を守るためには欠かせないサングラス。ですが、そのサングラスが逆にあなたの目を痛めている可能性があります。

 

皆さんは、何色のサングラスを使っていますか?一見、黒いサングラスは紫外線を遮断してくれそうにに思えますが、黒は紫外線を吸収する色。つまり、顔周りに集まる紫外線をサングラスが吸収し、目の周りに集中させてしまっていることになります。これはもちろん、目にとっては好ましくない状況。

 

黒いサングラスを買うときは、しっかりとUVカット対策がされているものを選びましょう。あなたが今使っているサングラスが黒色なら、ぜひ一度見直してみてくださいね。

日傘選びは、内側の色に注意しよう!

日傘の色と聞くと、イメージするのは“表面”の色ですよね?実は、日傘の表面の色は、UVカット対策がなされた最近の日傘においてあまり重要ではありません。これから皆さんに気にしていただきたいのは、“内側”の色。紫外線は空から降ってくるだけだと思っていませんか?

 

光は反射する性質を持っているため、道を歩いている時に地面からはね返った紫外線が顔に当たることがよくあります。夏場は空からの日差しが強いため気づきにくいですが、反射した紫外線も決して無視できるものではありません。
もし日傘の内側が白いと、その白色の効果で紫外線をさらに反射してしまいます。加えて日傘の受け皿のような形は、その紫外線を顔に集中させてしまうのです。日傘の内側は、なるべく黒色のものを選ぶとよいでしょう。

 

外は白色、内側が黒色の日傘を使用しているという方は完璧!もしその配色でなかなか気に入ったデザインがないという場合には、両面黒色のものをオススメします。日傘の寿命は2〜3年と言われているので、次の買い替え時期にぜひ参考にしてみてくださいね。

さいごに

いかがでしたか?

紫外線を気にしてどんなに対策グッズを購入しても、その色合い次第ではせっかくの効果が薄れてしまいます。「今年の夏は絶対に焼かない!」という方は、ぜひ“色”にまでこだわってグッズを選んでみてくださいね!

「美容・ボディケア」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素