「腸活」で食べても太らない体質に!ダイエットも美肌も叶う食事のコツ | ベルタカフェ

「腸活」で食べても太らない体質に!ダイエットも美肌も叶う食事のコツ

「腸活」で食べても太らない体質に!美肌も叶う食事のコツ
  • ☑︎代謝が下がって太りやすくなった
  • ☑︎夜眠れないことや、寝ても疲れが取れないことが多い
  • ☑︎便秘や肌荒れに悩まされやすい

 

当てはまるものが多い人ほど、腸内環境が悪化している可能性大。不調や低代謝を招きやすい状態です。そこで今回は、腸のはたらきを活性化して健康美とやせ体質を実現する「腸活」をご紹介します。

 

 

「腸活」とは?

「腸活(ちょうかつ)」とは、減退している腸のはたらきを活性化することで消化・吸収のはたらきを高め、めぐりや代謝をよくする健康法のこと。老廃物を溜め込まず、エネルギーを消費しやすい体質に整える効果が期待できます。

 

体内の栄養状態が整うことで、疲労回復効果や美肌効果もアップ。健康的で美しい身体づくりを目指す人におすすめです。

 

腸活のアプローチは、主に2つ。一つは、食生活を改善して腸のはたらきをスムーズにすること。そしてもう一つは、マッサージや運動で腸を刺激して活性化することです。

 

 

おすすめは、朝・晩の食事改善+寝る前のマッサージ!

朝は体内の老廃物を排出する時間帯。そして夜は、翌日に向けて疲労回復に専念する時間帯です。そのため、朝晩の食事を工夫して腸のはたらきを活性化することが大切。

 

合わせて、時間の取りやすい寝る前などに腸を刺激するマッサージを行うと、腸活をより効果的に続けることができます。

 

 

腸活メソッド〜朝編〜

朝の「腸活」は、眠っている腸のはたらきを呼び覚まし、そのはたらきを活性化すること。朝から代謝をぐっと高める、次のような腸活がおすすめです。

起きがけに、1杯の白湯

睡眠中は水分が出ていくことはあっても摂取することはありません。朝は、老廃物をスムーズに排出するための水分が不足している状態です。そこで、冷たすぎない水で水分補給を。常温かやや温かい水をゆっくりと飲み、休養モードになっている腸を活動モードへと切り替えましょう。

起きがけに、1杯の白湯

 

朝食にフルーツを

水分を摂取したら、少し時間をおいて朝食を。エネルギー源をしっかり補給しながら腸に負担をかけないものとして「フルーツ」をおすすめします。食物繊維や水分が豊富なフルーツは、便秘の予防・改善にも役立ちます。

 

 

腸活メソッド〜夜編〜

食事は「たんぱく質」+「たっぷりの野菜」

夜は、エネルギー源の補給がそれほど必要ない時間帯。寝ている間の疲労回復に備えて、筋肉や肌細胞の原料であるたんぱく質を積極的に摂取しましょう。

 

合わせて食物繊維や消化・吸収のはたらきをサポートするビタミン類を摂取することで、腸への負担を減らしてはたらきを高めやすくなります。

 

入浴後の腸活マッサージ

ガスが溜まってお腹が張っている場合には、血流が良くなっている入浴後にマッサージをするのがおすすめです。

 

おへその周り指3本分ほど外側を、時計回りにゆっくりと揉み込みます。右手の人差し指・中指・薬指の三本をおへその下に置き、圧力をかけながらその場でくるくるとマッサージ。少しずつ位置をずらして、おへその周りをぐるっと一周します。

入浴後の腸活マッサージ

固いな、と感じる部分や、揉み込むと気持ちいい部分があれば、重点的におこないましょう。

 

 

ランチは自由に楽しもう!

食事の工夫は、朝と夜だけ! 昼は多少内臓に負担のかかる食事をしたり食べすぎてしまったりしても、夜の食事で調節が可能です。お腹が重たいと感じたら、夜の食事を消化の良いものにして調節しましょう。

 

ストレスは、体内のはたらきを減退させる大きな要因。また、腸活は続けなければ意味がありません。毎日の生活に、食事自体を楽しむ時間を設けて食べることを楽しみながらインナービューティーを実現しましょう。

 

 

最後に

腸活は、難しくありません。疲労や老廃物、体脂肪を溜め込まなくて済むように腸に優しい生活を心がけるだけ。ぜひ、明日の朝、1杯の水からはじめてみてくださいね。

 

 

【飲むダイエット!】代謝を上げる飲み物まとめ

デトックスウォーターにコールドプレスジュース!あなたの体質を改善する「デトックスドリンク」6選

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら