胎教っていつから何をすればいい?おなかの赤ちゃんのためにできる「胎教」について | ベルタカフェ

胎教っていつから何をすればいい?おなかの赤ちゃんのためにできる「胎教」について

胎教っていつから何をすればいい?おなかの赤ちゃんのためにできる「胎教」について

おなかの中の赤ちゃんは、脳や耳などの器官が形成されるにつれ、外の様子が理解できるようになると言われています。また、胎盤を通じてママとつながっていることから、ママの気持ちもダイレクトに感じ取れるそう。そのため、おなかの赤ちゃんの発育をうながすとされる「胎教」に興味を持つママも多いようです。

 

そこで今回は、いつ頃からどんなことをすればいいのか、「胎教」についてみていきたいと思います。

 

 

胎教はいつごろから始めるといいの?

おなかの赤ちゃんの耳の機能は、5~7ヵ月ころに発達するとされています。そのころはママのつわりも落ち着き、安定期に入って気持ちも穏やかに過ごせることが多いので、胎教を始めるのに適した時期と考えられています。

 

脳は3ヵ月ころから発達しているためもっと早くから始めたほうがいいとの意見もありますが、胎教にルールはないので、ママの体調をみながら無理のない時期にスタートするのがおすすめです。

胎教はいつごろから始めるといいの?

 

胎教って何をすればいいの?

「胎教」と聞くと、何か特別なことをしなければならないような気がしますが、大切なのは“ママとおなかの赤ちゃんのコミュニケーション”。おなかをさすりながら声をかけるだけでも立派な胎教なんですよ。ほかにも、次のようなことができます。

 

音楽を聴く

ゆったり過ごせるときに、クラシックやリラクゼーションミュージックなど気持ちが穏やかになる音楽を流します。子守唄を歌ったり、英語のCDを聴かせたりするママもいるようです。

 

絵本の読み聞かせ

産まれたら読ませてあげたい絵本を読み聞かせます。イラストの様子を言葉にして伝えるのもいいでしょう。ママの声は外の音よりよく響くので、赤ちゃんに届きやすいかもしれませんね。

絵本の読み聞かせ

 

キックゲーム

胎動を感じるようになったら、赤ちゃんが蹴ったところをおなかの上から軽く叩き返します。「キック」「ぽんっ」など声をかけながらやるとよりコミュニケーションが深まるでしょう。

 

パパの声かけ

パパにも積極的におなかの赤ちゃんに話しかけてもらいましょう。パパの声を覚え、産まれてからもパパがあやしやすくなるとの説もあります。

パパの声かけ

 

このほか、「おはよう」や「おやすみ」など挨拶を繰り返したり、マタニティヨガなどの軽い運動をしたり、お散歩で見た景色を言葉にして聞かせるなど、おなかの赤ちゃんにしてあげたい、教えてあげたいと思うことを取り入れるといいでしょう。

 

 

胎教で大切なのは、ママがリラックスできること

胎教は早期の脳教育と捉えるママもいますが、いちばん大切なのは、ママがリラックスすることでおなかの赤ちゃんへの血流やホルモンバランスを整えること。また、胎教を通じて母性を育むことです。アレコレ詰め込みすぎて疲れてしまったり、胎教に追われてイライラしてしまったりするようでは本末転倒。

 

とくに妊娠中はホルモンバランスの乱れや体調の変化などで気分の浮き沈みが激しくなりやすいので、胎教を通してママが穏やかに過ごせる時間を作ることを意識しましょう。

胎教で大切なのは、ママがリラックスできること

 

そのため、どんな胎教をおこなうかも、ママが優しい気持ちになれたり、楽しく感じられたりすることを基準に選ぶといいでしょう。「胎教にいいから」とママが好きではないことを無理に取り入れても、赤ちゃんだって楽しめないのです。

 

誕生に向けて人間としての機能が整っていく妊娠期間。科学的根拠はないとされていますが、ママがおなかの赤ちゃんのためにしてあげたい気持ちや、実際にしてあげたことが刺激となって、赤ちゃんに影響しても不思議ではありませんよね。

 

一部では、生後に夜泣きが少なかった、情緒の豊かな子になったなど、胎教の効果があったとされる話もあります。真意のほどは実証されていませんが、胎教を通してママの愛情が伝わり、ママ自身も赤ちゃんへの愛情が増すことは、産後の子育てにもいい影響があるのかも知れませんね。

 

 

出産予定日と実際の出産日はずれる?予定日より早い出産、遅い出産

出産前に知っておきたい!あると便利な赤ちゃんとママのためのグッズ10選

 

 

妊娠線クリームで、産後のケア準備も忘れずに

 

 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら