どうすれば泣き止むの?赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法 | ベルタカフェ

どうすれば泣き止むの?赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法

どうすれば泣き止むの?赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法

ようやく夜の授乳の間隔があき、赤ちゃんも生活のリズムができてきたと安心しはじめた矢先、夜中に突然泣き出すことがあります。何をしても泣き止まず、ママは原因がわからずに困り果ててしまうことも。そんな「夜泣き」が、何時間も、また何日も続けば、ママの体力はもちろん、パパの翌日の仕事への影響やご近所への迷惑だって気になりますよね。

 

そこで、赤ちゃんの夜泣きの原因や対処法についてみていきたいと思います。

 

 

夜泣きの時期と原因

真夜中に、おなかも満たし、おむつもキレイになったのに、どんなにあやしても赤ちゃんが泣き止まない。そんな「夜泣き」の原因ははっきりとは解明されていません。

 

しかし、赤ちゃんの発達が著しい生後半年ころから1歳半ころまでのあいだに多くみられることから、概ね次のようなことが考えられるとされています。

 

睡眠のサイクルが未発達

生まれてすぐの赤ちゃんは昼夜の区別がありませんが、少しずつサイクルが出来上がっていくことで、夜にまとまった時間眠れるようになります。また、人間は寝ているあいだ、深い眠りと浅い眠りを繰り返します。睡眠サイクルが確立されていない赤ちゃんの場合、浅い眠りのタイミングで目を覚ましてしまうことがあると考えられています。

夜泣きの時期と原因

夢を見た

脳の発達に伴い、起きているあいだに経験した出来事を夢で見るようになり、泣いてしまうことがあるともいわれています。

 

日中の過ごし方の影響

昼間に長くお昼寝をしたり、逆に眠りが足りなかったりと、睡眠のリズムが乱れた場合、また、日中疲れることがあったり、興奮するような出来事があったりした場合など、それらの刺激で眠れなくなることがあるとされています。

日中の過ごし方の影響

眠り方がわからない

眠たいけれど、眠り方がわからずに寝付けず、泣いてしまうこともあるようです。

 

大人でも、なかなか寝付けない日や夜中に目覚めてしまうことがあるのですから、赤ちゃんに起こっても不思議ではありませんよね。まだまだ未熟な赤ちゃんの場合、不安になって泣いてしまうだけのことなのかもしれません。

 

 

夜泣きの対処法

「ただ意味もなく泣いているだけ」とも言われるくらい夜泣きにはっきりとした原因がないため、残念ながら確実な対処法はありません。また、時期や程度には個人差が大きく、泣き止む方法も一人ひとり異なります。でも、だからといってどうすることもできないわけではありません。

夜泣きの対処法

一般的に泣き止みやすいと言われている方法を試して、赤ちゃんが安心して眠れるように導いてあげましょう。

  • ・寝付けない不安を抱っこやトントンで解消してあげる
  • ・ベッドメリーや子守歌、CDなどで赤ちゃんの好きな音を聞かせ、気分転換を促す
  • ・電気をつけて一度目を覚まさせてから、もう一度寝かしつける
  • ・白湯をふくませる
  • ・暖かい日であれば外の空気に触れさせる

 

赤ちゃんの夜泣きは、気持ちを落ち着かせたり、寝ぼけている状態から覚めさせたりすることで落ち着くことが多いようです。

 

 

夜泣きをしにくくなるために日ごろから気をつけたいこと

原因の特定できない夜泣きですが、日中のライフスタイルが睡眠に少なからず影響している面も考えられます。生活のリズムを整えていけるよう、次のことを意識するといいでしょう。

  • ・毎朝決まった時間にカーテンを開けて朝陽を浴び、ガーゼで顔を拭く、着替えをするなど、目覚めのサイクルをつくる
  • ・天気のいい日はお散歩へ出て、外気に触れる
  • ・離乳食が始まったら、食事の時間はできるだけ同じ時間になるように与える
  • ・長時間のお昼寝や夕寝を避ける
  • ・入浴は寝る直前にならないように配慮する
  • ・寝かしつけの時間は部屋を暗くし、静かな環境を作る

 

このほか、室内の温度や湿度を快適に保つ、季節に合わせて寝具を調節するなど、心地いい睡眠環境を作ることも大切です。赤ちゃんは昼夜の区別はないものの、体内時計は持っています。

夜泣きをしにくくなるために日ごろから気をつけたいこと

日々の生活の中でリズムを身に着けていくので、規則正しいライフスタイルを意識してあげましょう。また、絵本を読んだり、子守唄を謳ったり、入眠の儀式を取り入れるのもおすすめです。

 

 

最後に

夜泣きが毎日となるとママの疲労も溜まる一方ですが、赤ちゃんの成長とともに落ち着いていくもの。こまめに昼寝をするなどして体調に気をつけながら、ストレスを溜め込まないように気をつけて乗り切りましょう。

 

ママが穏やかな気持ちでいることで、赤ちゃんも落ち着いて夜泣きしにくくなることもあるそうですよ。

 

 

出産前に知っておきたい!あると便利な赤ちゃんとママのためのグッズ10選

ママモデル宮平亜矢子さんオススメ「手作りマタニティーギフト」アイディア4選

 

 

妊娠線クリームで、産後のケア準備も忘れずに

 

 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら