産後はいつまで安静が必要?床上げまでの過ごしかた | ベルタカフェ

産後はいつまで安静が必要?床上げまでの過ごしかた

産後はいつまで安静が必要?床上げまでの過ごしかた

10ヶ月近くおなかの中で赤ちゃんを育てていたママの体。出産を終えても、元のコンディションに戻るまでには時間がかかります。そのため、特に体の変化が激しい出産後1~2ヶ月ほどは、体の回復と育児に専念しながら少しずつ家事に復帰していくことが大切です。この期間に無理をすると、のちのちまで影響する体のトラブルに悩まされることも。

 

そこで、産後から「床上げ」と呼ばれる日常復帰までの過ごしかたや気を付けたいことについて知っておきましょう。

 

 

「床上げ」ってなに?

「床上げ」ってなに?

妊娠、出産を終えたママの体が妊娠前の状態に戻るまでには、1年ほどかかるともいわれています。なかでも産後6~8週間ほどは、大きく膨らんでいた子宮や緩んだ骨盤が元へ戻ったり、子宮や膣の傷口が癒えたりするほか、ホルモンバランスも変化するなど、心身ともに大きな負担がかかるとき。無理をするとさまざまなトラブルを招いてしまいます。

  • ・産褥熱:出産時の傷から細菌感染することで出る高熱
  • ・子宮のトラブル:子宮復古不全になって悪露が長引いたり、膣の入り口から子宮が飛び出す子宮脱を招いたりすることも
  • ・骨盤の緩み:腰痛や関節炎、尿漏れなどの原因になる
  • ・産後うつ:ホルモンバランスの乱れから精神的な落ち込みを感じやすい

 

なかには一生涯続いてしまうものや、2人目不妊に繋がるものもあるので、産後はママの体の回復を第一に過ごすことが望ましいのです。まだ自宅での出産が主流だった時代、産後しばらくは布団を敷きっぱなしにして、ママはできるだけ体を休めて過ごしていたことから、布団を片付けて普段通りの生活に戻るタイミングを「床上げ」と呼ぶようになりました。

 

 

床上げまでの過ごしかた

床上げを迎えるまでの6~8週間は、次のことに気をつけましょう。

床上げまでの過ごしかた

家事

まだ生活サイクルのできていない赤ちゃんのお世話に追われ、ただでさえ家事がおろそかになりやすい時期。「家のこともちゃんとしなきゃ」と無理をしてしまうママも多いようですが、床上げまではできるだけ手を抜きましょう。産後2週間後ころから軽めの家事を開始し、体調を見ながら少しずつできることを増やしていくとスムーズに床上げできます。

・パパはもちろん、両親や親族、友人など、周囲の人にサポートしてもらう

・食事は週末などにまとめて作り小分けで保存したり、お惣菜に頼ったりする

・重たい物の持ち運びはパパにお願いしましょう

 

外出

産後は免疫力が下がっているため、細菌感染などを起こしやすくなっています。また、体力的にも疲れやすいので、床上げまでは不要な外出は控えましょう。

 

とはいえ、家にこもりっきりではストレスも溜まってしまうので、体調のいい日やパパの休みの日に一緒に出掛けるなど、適度なリフレッシュも大切です。

  • ・赤ちゃん用品や食料品などの買い出しは、インターネットで購入したり、パパの休みの日に一緒に出掛けて荷物を持ってもらったりする
  • ・体調もよく、お天気のいい日に散歩などから少しずつ体を慣らす。赤ちゃんは生後1ヶ月くらいまではあまり
    連れ出さないほうがいいので、パパや両親などにお願いするといいでしょう
  • ・里帰り出産から帰宅するときなどは、ママと赤ちゃんに負担の少ない工程で計画を

 

運動

体が回復するまでは安静第一ですが、全く動かないとかえって回復を遅らせることにもなりかねません。産後2週間を過ぎたあたりから、産褥体操など、体への負担が少なく子宮復古に効果的な運動を徐々に取り入れていきましょう。

  • ・本格的に体を動かすのは、1ヶ月検診で主治医の許可がおりてから
  • ・疲れを感じるようなら無理をしない
  • ・骨盤ベルトなど回復をサポートしてくれる器具を利用する

 

性生活

子宮復古や膣の傷、経膣分娩であれば会陰切開の痕など、産後のママの身体はまだ受け入れ態勢ができていません。夫婦の性生活は、産後1ヶ月検診で主治医の許可がおりるまで待ちましょう。

 

ホルモンバランスの変化や育児疲れでそんな気分になれないというママも多いようですが、パパの気持ちも考慮して、スキンシップを図るなど夫婦の時間は大切にしましょうね。

  • ・ママの体の状態をパパに理解してもらうとともに、パパの気持ちも汲んだ断り方を意識しましょう
  • ・性生活の再開後でも痛みを感じるなど違和感があるときはムリをしない
  • ・生理が再開する前でも排卵が起これば妊娠するので、必ず避妊をする

 

メンタル

産後はホルモンバランスが大きく変化することで、自分ではコントロールできない感情の起伏が起こることがあります。気分が沈んだりイライラしたり、やる気がでなかったりするのはホルモンの影響。そこで深刻に受け止めてしまうと産後うつになってしまう危険性もあるので、上手に気分をまぎらわせて考えすぎないようにしましょう。

  • ・産後のホルモンバランスの乱れについて出産前からパパに伝えて、理解してもらえる環境を整えておく
  • ・好きな音楽を聴く、ハーブティを飲むなど、リラックスできる方法をあらかじめ用意しておく
  • ・「誰にでも起こること」「ホルモンの影響」と受け止めるようにする。決して自分を責めない

 

 

最後に

産後はどうしても赤ちゃん優先になりがちですが、子育てができるのもママの健康があってこそ。床上げまでは妊娠、出産という一大イベントを終えた体をいたわって、この先の長い子育てライフに臨む態勢を整えていきましょう。

 

また、手を差し伸べてくれる周囲の方々は、これから先もお世話になることが多々あるはず。甘えられるところは素直に甘えつつ、常に感謝の気持ちを示していくようにしましょうね。

最後に

 

産褥体操はいつから始める?時期別のやり方、体操の効果を解説

出産直後に気分が沈む「マタニティーブルー」。原因と上手な乗り越えかた

 

 

妊娠線クリームで、産後のケア準備も忘れずに

 

 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら