美脚の決め手は「ふくらはぎ」!むくみ知らずの足を叶えるマッサージ | ベルタカフェ

美脚の決め手は「ふくらはぎ」!むくみ知らずの足を叶えるマッサージ

美脚の決め手は「ふくらはぎ」!むくみ知らずの美脚を叶えるマッサージ

夜になるとふくらはぎが固く張っていたり、足先が冷たくなったりしていませんか?

 

ふくらはぎのむくみは美脚の大敵。体液循環を促して代謝を高め、老廃物を溜め込まない体質に整えましょう。

 

今回は、入浴中やお風呂上りに行う、ふくらはぎのマッサージ法をご紹介します。

 

 

ふくらはぎのこりをほぐすと美脚になる理由

ふくらはぎの筋肉は、体液を下半身から上半身へと押し上げるポンプのようなはたらきをしています。そのため、ふくらはぎの筋肉が衰えたり、うまく体液循環を整えられなくなったりすると、老廃物の停滞や冷えに発展しやすくなります。その結果、代謝が低下し太りやすい体質に……。

 

筋力の低下を防ぎ、代謝を高めるには、「ふくらはぎのマッサージ」を「毎晩の習慣」にすることがおすすめです。筋肉のこりがほぐれ、滞っていた体液循環がスムーズに。冷えの改善効果も期待できます。

 

冷えが改善されて体温が1℃上昇すると、1日の基礎代謝が10%前後高まるとも言われています。

ふくらはぎのこりをほぐすと美脚になる理由

 

揉む場所は3箇所!

ふくらはぎは、座った姿勢で手が届く距離にあるため、セルフマッサージをおこないやすい部位。マッサージ法を覚えておくと、体調を整え、むくみを予防・改善しやすくなりますよ。

 

毎日揉んでほぐしたい場所は、次の3箇所。マッサージ法と合わせてご紹介します。

 

1.外側

両手をふくらはぎの左右外側にあて、指圧しながら撫で上げます。

 

足首から膝まで、下から上に揉み上げましょう。5〜10回ほど撫で上げたら、両手を握り、じゃんけんの「グー」のかたちにして、ゴリゴリと小さく円を描くように動かしながら足首から膝に向けて揉み上げます。

 

押すと固くにぶい痛みを感じる部分は、痛気持ち良い程度に念入りに揉みましょう。

 

2.後ろの部分

親指がふくらはぎの裏にくるように両手で足首を掴みます。そのまま、親指を足に押し当てるようにして膝に向かって揉み上げます。5〜10回揉み上げましょう。

 

3.膝裏

最後に、膝裏部分を両手の親指でぐ〜っと指圧します。膝裏にあるリンパ節を刺激することで、押し上げた老廃物をスムーズに流せるようにしましょう。

 

※両足ともおこないます。どちらから始めてもOKです

膝裏

 

「つま先立ち歩き」も効果的!

実は、ふくらはぎの筋肉を刺激してこりをほぐすには「爪先立ち歩き」もおすすめです。むくみが気になるがマッサージができないときには、爪先立ち歩きをしてめぐりをよくしましょう。

「つま先立ち歩き」も効果的!

 

最後に

セルフマッサージのしやすいふくらはぎのマッサージは、習慣化しやすいため美脚づくりにおすすめです。毎晩のふくらはぎケアで、疲労や老廃物をため込まず、冷えやむくみに悩まされない、スリム美脚を目指しましょう。

 

 

冷たい手足にさよなら!末端冷え性の原因と今日からできる改善法5つ

夏のノースリーブに間に合う!二の腕を細くする方法【マッサージ&筋トレ】

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら