出産前に知っておきたい 母乳で育てる際のコツ&注意点 | ベルタカフェ

出産前に知っておきたい 母乳で育てる際のコツ&注意点

出産前に知っておきたい 母乳で育てる際のコツ&注意点

赤ちゃんの大事な栄養源、母乳。

 

「ちゃんと母乳が出るかな?」「完全母乳で育てたい!」など、出産を間近に控えたママにとっては関心事のひとつでしょう。最近では粉ミルク派のママも増えていますが、できる限り母乳を飲ませてあげたいと思っているママも多いもの。

 

そこで、母乳育児のメリット・デメリット、母乳をメインに育てるコツや注意点についてまとめてみました。

 

 

母乳育児のメリット・デメリット

お母さんの体の中で作られる母乳は、赤ちゃんに必要な栄養素や免疫などが豊富に含まれています。なかでも、出産直後に出る“初乳”にはより多くの免疫が含まれているため、母乳の出があまり良くなくても、できる限り赤ちゃんにおっぱいを咥えさせてあげましょう。

 

初乳の時期が終わっても、母乳による育児は赤ちゃんとママにさまざまなメリットがあります。ただ、母乳育児ならではの不便さなどもあるため、メリット・デメリットをよく把握して、対処できるようにしておくと安心です。

母乳育児のメリット・デメリット

 

母乳育児のメリット

  • ・赤ちゃんの胃腸で消化・吸収されやすい
  • ・粉ミルク代がかからないので経済的
  • ・赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激で子宮収縮が促され、産後のママの身体の回復が早まる
  • ・吸い方や口の温かさなどで、赤ちゃんの体調の変化に気づきやすい
  • ・人口乳首よりも赤ちゃんの顎の発達にいい
  • ・外出時や夜間などの授乳がラクにできる
  • ・赤ちゃんとスキンシップが図れる
  • ・乳がんや卵巣がんなどのリスクが下がる

 

母乳育児のデメリット

  • ・赤ちゃんの飲んだ量が分かりづらい
  • ・消化がいいため、授乳の間隔が短くなりやすい
  • ・外出先などで母乳をあげられる場所がないことがある
  • ・ママが体調不良のときでも、授乳を代わってもらえない
  • ・乳首の荒れや傷、乳腺炎などおっぱいトラブルが起こりやすい
  • ・母乳の出が良くないとママの精神的負担になりやすい
  • ・お母さんの食生活次第では、赤ちゃんの栄養が偏ってしまうことも

 

 

母乳育児を上手に乗り切るコツと注意点

メリット・デメリットからもわかるように、赤ちゃんやママにとって嬉しいことが多い反面、シチュエーションによっては不便を感じることもある母乳育児。とくにはじめての育児の場合は、母乳の出が良くないことに不安を覚えたり、一生懸命になりすぎて負担に感じたりするママも少なくありません。

 

母乳育児を上手に乗り切るためにも、次の7つのことを意識しておくといいかもしれません。

 

母乳の出が悪くても、なるべく赤ちゃんにおっぱいを咥えさせる

出産直後は、ママの身体もおっぱいを吸う赤ちゃんも、まだまだ初心者さん。母乳が思うように出なくても、赤ちゃんが上手に飲めなくても不思議ではありません。回数を重ねていくうちに少しずつ上達していくので、焦らずにのんびりした気持ちで構えておきましょう。

 

赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激は、ホルモンが脳へ出す母乳製造の指令を促します。できるだけ頻繁に咥えさせると、母乳の量が増えやすくなりますよ。

 

和食を中心とした食生活を心がける

母乳は血液から作られるため、糖分や脂肪分が多い食事を続けていると詰まりやすくなり、母乳の出に影響します。悪化すると乳腺炎を引き起こすことも。

 

食事内容によって赤ちゃんへ届く栄養が偏ってしまったり、母乳の味が不味くなって赤ちゃんが飲みたがらなかったりすることもあるので、糖分と脂肪分の少ない和食中心のメニューを心がけると、母乳の量や質がアップします。また、糖分が多いと赤ちゃんが乳児湿疹を起こしやすくなるともいわれているので、甘いものは控えめに。

和食を中心とした食生活を心がける

 

体を温める

前述の通り母乳は血液からできているので、体を温かく保つと血流が良くなって母乳の出に影響します。とくに冬場は血流が悪くなりやすいので、スープやハーブティなど体の内側から温まるものを摂ったり、いつもより念入りにマッサージをしたりと、血行をよくするようにしましょう。

 

なお、母乳は8割ほどが水分でできているため、授乳中のママは水分が不足しがち。水分補給の意味合いからも、あたたかい飲み物はおすすめです。

 

バスト周辺を締め付ける下着や服を着ない

下着や服の締め付けでバストの血流が悪くなると、母乳が作られにくくなってしまいます。サイズの合った授乳用ブラジャーを使用して、ゆったりと支えましょう。

 

育児書に頼りすぎない

育児書に書かれている内容は、一般的にその月齢でよく見受けられる事柄なので、全員がぴたりと当てはまるわけではありません。例えば「3時間おきに授乳しましょう」と書かれていても、赤ちゃんがその時間に気持ちよく眠っていることもあれば、それより早くおなかを空かせることだってあるのです。「書かれている通りにならない」と不安にならないよう、参考程度に留めましょう。

 

ストレスを溜めない

はじめての育児は慣れないことの連続で、疲れやストレスが溜まりやすいもの。しかし、ストレスが影響して、母乳の出が悪くなったり、質が悪くなったりすることがあります。パパや親族に頼れるところは甘える、できる限り睡眠をとる、気分転換できる時間を持つなど、ストレスを溜め込まない生活を心がけましょう。

 

母乳育児にとらわれすぎない

母乳だけで育てたいと思うママも多いですが、母乳が足りずに赤ちゃんがぐずり続けたり、ママが体調を崩したりと、さまざまな理由から難しさを感じるときもあるでしょう。また、赤ちゃんの生活リズムができるまでは昼夜関係なく授乳が必要となるので、産後の回復しきっていないママの身体にはかなりの負担がかかります。

 

そのため、程よく粉ミルクに頼ったり、搾乳して家族に授乳を代わってもらったりと、ママ1人で頑張りすぎない努力も大切です。

母乳育児にとらわれすぎない

 

 

最後に

授乳で大切なのは、赤ちゃんのお腹を満たし、成長に必要な栄養を与えてあげるということ。質のいい母乳にするためにも、こだわり過ぎず頑張りすぎず、ゆったり赤ちゃんと向き合うことを大切にしてくださいね。

 

 

 

出産前に知っておきたい!あると便利な赤ちゃんとママのためのグッズ10選

出産経験者に聞く、産前産後にやって良かったバストケア3つ

 

 

妊娠線クリームで、産後のケア準備も忘れずに

 

 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠したいと思ったら