妊娠前は平気だったのに…。産後に起こりやすいアレルギーの要因と対処法 | ベルタカフェ

妊娠前は平気だったのに…。産後に起こりやすいアレルギーの要因と対処法

妊娠前は平気だったのに…。産後に起こりやすいアレルギーの要因と対処法

妊娠・出産で大きく変化する女性のカラダ。そのひとつに「アレルギー」があります。筆者は下の子を産んでから、金とプラチナ以外のピアスをするとピアスホールが炎症を起こすようになりました。お気に入りのシルバ―ピアスができなくなって残念に思ったものです。

 

まわりのママたちに話を聞いても、「鼻炎がひどくなった」「ずっと使っていた化粧品でかぶれるようになった」など、出産後に何らかの変化を感じた人は少なくない様子。

 

そこで、産後アレルギーを引き起こす要因と、起こりやすい症状についてみていきたいと思います。

 

産後アレルギーを引き起こすと考えられる要因2つ

結論から言ってしまうと、産後アレルギーが発症するメカニズムははっきりとは解明されていません。ただ、女性は妊娠・出産を機に体内であらゆる変化が起こるため、それらが一因となって体質が変わると考えられているようです。

 

アレルギーの発症に関係あると思われるカラダの変化は、主に次の2つ。

産後アレルギーを引き起こすと考えられる要因2つ

ホルモンバランスの乱れによるもの

妊娠・出産には、“エストロゲン”と“プロゲステロン”という二つの女性ホルモンが大きく関係しています。妊娠中はおなかの赤ちゃんの発育や母乳の準備などで活発に分泌され、出産を迎えると一気に減少するのですが、そのようなホルモンバランスの変動は心身にさまざまな影響を与えます。

 

なかでもエストロゲンは肌の保水やハリに関係するホルモンなので、減少すると肌がデリケートな状態となり、ちょっとした刺激にも過敏に反応するようになります。

 

免疫力の低下によるもの

妊娠中はおなかの赤ちゃんを異物と認識しないよう、免疫力が抑えられてアレルギー反応が起こりにくくなっています。通常は出産後もとへ戻るのですが、ホルモンバランスの乱れや育児疲れが影響して免疫力が低いままだと、体に有害な物質を見分ける細胞が正常に働かなくなり、無害なものでも敵とみなしてアレルギー反応を引き起こしてしまうことがあります。

 

また、免疫力が順調に回復しても、妊娠中に抑えられていた反動でアレルギー反応が強くなり、もともと持っていたアレルギーの原因物質に過剰反応を示すこともあります。それにより、妊娠前は無症状だったものでも症状が現れてしまいます。

 

ママのカラダが完全に回復する産後6~12か月ほどを境にアレルギー症状が軽減する人もいるようですが、一生涯付き合っていかなければならないこともあるようです。また逆に、妊娠前に重症だったアレルギーが妊娠・出産を機に改善したという人も。産後アレルギーは個人差が大きいようです。

 

 

起こりやすい産後アレルギーと対処法

一言でアレルギーといってもその種類はさまざま。産後アレルギーで多いといわれる症状には次のようなものがあります。

金属アレルギー
金属が触れた部分がかぶれたり痒くなったりする

 

食物アレルギー
特定の食物を口にすることで、口のまわりが腫れたり蕁麻疹が出たりする。触れた手などに発症
することも

 

花粉症
鼻水やくしゃみ、目の周囲の腫れなどが起こる。花粉のほか、ハウスダストやたばこの煙などに反応するようになったという人も

 

化粧品かぶれ
化粧品に含まれる成分が原因で、赤みや腫れ、かゆみを引き起こす。洗顔料、基礎化粧品、日焼け止めなど肌に触れるものであれば何でも可能性がある

 

日光アレルギー
紫外線にあたると腫れやかゆみを引き起こす。やけどのようになることも。日焼け止めの成分との反応や内服薬の影響で起こることもある

 

これらのほかにも多種多様のアレルギーが考えられます。蕁麻疹やかゆみ、咳や鼻水などアレルギーと思われる症状が現れたときはできるだけ早くかかりつけ医や専門医を受診して、アレルギーテストを受けましょう。

 

また、肌に触れるものはパッチテストをおこなってから使用するなどの配慮も忘れずに。もしアレルゲンが判明した場合は、可能な限りそのものを遠ざけて生活するようにしてくださいね。

 

 

産後アレルギーを軽減するために気を付けたいこと

産後アレルギーを軽減するために気を付けたいこと

産後アレルギーが起こる詳しい原因はわかっていないため絶対的な対処法はないのですが、ママの体調の回復はアレルギー発症の緩和にもつながるはずです。

 

出産後は数時間おきの授乳で睡眠不足になりやすく、慣れない育児による疲れやストレスも溜まりやすい時期ですが、パパや親族などの力を借りて、まずはカラダの回復に努めましょう。母乳で育てているママは体内の栄養のほとんどが母乳にいって栄養不足に陥りやすくなるので、バランスのとれた食事を心がけてくださいね。無理な産後ダイエットも同様です。

 

以前と変わらないように感じていても、さまざまな変化を伴っている産後のカラダ。赤ちゃんに必死でつい自分のことは後回しになりがちですが、異変を感じたら放置せず、早めの対処を心がけましょう。ママのカラダの回復は子育てをしていく上でも大切なこと。無理をせず、健康で楽しい子育てライフを送れるようにしたいものですね。

 

 

出産直後に気分が沈む「マタニティーブルー」。原因と上手な乗り越えかた

出産前に知っておきたい、産後の体型を戻す骨盤ケア|お腹&ウエスト対策

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

妊娠したいと思ったら

「妊娠・出産」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ育毛剤