筋トレだけではダメ!メリハリボディを叶えるトレーニングまとめ | ベルタカフェ

筋トレだけではダメ!メリハリボディを叶えるトレーニングまとめ

筋トレだけではダメ!メリハリボディを叶えるトレーニングまとめ

ボディラインを引き締めるには、自然のコルセットである筋肉を鍛えることが大切。しかし、闇雲に筋トレをすれば良い、というわけではありません。身体が硬いまま運動や筋トレを取り入れても、運動効果が出るのに時間がかかってしまいます。

 

そこで今回は、メリハリのあるボディラインを実現するためのトレーニング法をご紹介します。

 

 

筋トレ前の手間が、筋トレ効果をぐ〜んと高める

筋トレと合わせておこないたいトレーニングに「ストレッチ」があります。ストレッチには、筋肉をしなやかにほぐして可動域を広げる効果が期待できます。ガチガチに固まった筋肉をスムーズに動くようにして、姿勢や歪みを改善することで、筋トレによる運動効果を最大限に高めましょう。

 

おすすめは、全身を伸ばして引き上げるストレッチ。筋力を使ったストレッチなら、筋トレ効果までプラスすることができます。また、最近ではリラクゼーション効果があることもわかってきていて、運動後のクールダウンとしてもおすすめです。

 

ダイエットに直接結びつくストレッチ法として、ぜひ『寝る前にベッドの上でストレッチ!ヨガのポーズ5つで寝ながらダイエット』や『【1日3分】「肩甲骨ストレッチ」でバストアップ&代謝アップ!』を参考にしてください。

>筋トレ前の手間が、筋トレ効果をぐ〜んと高める

 

ダイエットを成功させるなら、この筋肉を鍛えて!

ダイエット効果を高めるためには、「大筋群」を優先して鍛えることが大切。大筋群とは“大きな筋肉”。胸や背中、太ももの大きな筋肉を鍛えることで、短期間で全身をバランスよく引き締めることができます。

 

また、大きな筋肉を鍛えることで代謝の上昇率もアップ。効率よく体内をダイエットモードに切り替えることができます。

 

すぐに実践できる簡単筋トレとして、『仕事中に腹筋も!?座りながらできるプチ筋トレ5つで簡単ダイエット』『便秘解消に筋トレが効果的な理由と、すぐにできる便秘解消筋トレ5つ』などがおすすめです。

 

筋トレ効果を高めるには

より筋トレ効果を高めるために、トレーニング以外にも気をつけたいことがあります。それは、しっかりと休む日を作ることと、食事・運動面の工夫。トレーニングだけにとらわれず、日常生活全体をダイエットモードに切り替えましょう。

“休む日”を作るべし

筋トレは、“とにかくやり続ければ効果が出る”というものではありません。筋肉は、トレーニングによって壊れた筋繊維が修復することで強くなっていきます。そのため、毎日続けるよりも、休ませる日をつくる方がより効率よく筋力を高めることができます。

 

2〜3日に1回は、筋トレをせずにしっかり身体を休める日を設けましょう。

“休む日”を作るべし

 

食事にも気を遣うべし

筋肉の材料は、肉や魚、卵、豆製品、乳製品などに豊富に含まれる「たんぱく質」。目安は、日々の食生活で毎食手のひら1枚分程度です。食事で取り入れていれば、プロテインなどで補わなくても大丈夫。

 

合わせて代謝を高めるビタミン・ミネラル類を野菜や果物から摂取することで、取り入れ栄養素を効率よく疲労回復やエネルギー源として活用できます。

 

有酸素運動を取り入れるべし

筋肉を鍛えてエネルギーを消費しやすい状態に整えたら、有酸素運動で体脂肪を燃やしましょう。エネルギーを生み出す筋力のはたらきが活発だと、消費できるエネルギー量も高まります。

 

通勤の一部を徒歩にする、エレベーターでなく階段を遣う、時間のあるときに散歩に出かけるなど、今すぐ実践できることから運動量を増やしていきましょう。

有酸素運動を取り入れるべし

 

最後に

メリハリボディを短期間で手に入れるためには、より効果的な方法を選びとることが大切。筋トレは工夫次第で、より鍛えやすく、運動効果を高めやすくなります。ぜひ、今すぐできる工夫から少しずつ取り入れて、より早く理想のボディラインを実現してくださいね。

 

ウォーキングダイエットの効果を最大限に発揮するために、意識したい4つのコツ

自宅で簡単ケア!美ボディを維持するセルフマッサージの秘訣4つ

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

 

 

99%痩せる!話題の酵素ダイエット

「ダイエット」最新記事

注目の記事

Facebook

ベルタカフェライター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルタ酵素